メルマガ読者様質問ありがとうございました^^

こんにちは~来夢です(・∀・)

 

本日はブログにて、

メルマガから質問してくださった人に

答えようとおもいます。

 

この質問始めたばかりの人に

意外と多いので、、

 

おっとそのまえに☆彡

 

 

たなぴーが音声解説付きで

レポートで教えてくれてます。

http://sinsei-raimu.info/svct

値付け基準やFBAの大切さ

FBAの優位さなどこのレポートを

みればわかるので、

 

 

これからamazon転売始める人は

覗いておくといいと思います。

http://sinsei-raimu.info/svct

 

 

では本題です(・∀・)b

 

FBAを使うのかつかわないのか。

大口契約は最初からしたほうがいいのか

 

など

 

ここらへんの質問をしてきてくださる方が

多いのですが、

 

あなたも悩んでますか?

 

質問してくださる人は

少なからず転売で稼ぎたいと思っている方

だと思うので、

来夢の考えを述べますね。

 

この考えがすべてではないですが、

 

まずamazon転売で稼ぎたいのであれば

大口かましてください。

 

大口契約は

☆手数料が1ヶ月4,900円かかる
☆成約手数料(1点100円)が免除
☆SKU、一括出品、在庫管理ツールが利用できる
☆出品期限が無期限になる

 

 

転売始めた頃はまず1ヶ月4900円というのが

ネックな方がでてきます。

 

 

スカイプしていてもそうですが、

 

大口は毎月50点以上転売しないと

ペイできないと考える方多いんですよね。

 

ここでまず第一の

マインドブロックにかかります。

 

このブロックのおかげで

稼げる人も稼げなくなる。

 

50点も始めた頃は出品できないと。

 

いやあなたならできますよ。

 出品してください。

 

 

でないとamazon転売においてはほぼ稼げません。

 

FBAと組み合わせれば、

amazonが出品した商品を送ってくれます。

 

つまり、ほぼ片手間で済むってことですよね。

 

 

そうなると出品数を増やす時間もとれますし、

大口費用ペイは簡単になってきます。

 

そうなるとマインドブロック外れて、

出品増えるので、

 

むしろ大口にしたくなってきます。

 

解釈は50点転売できるか、ペイできるか

 

ではなく、

 

4900円でamazonさんという従業員を雇える

 

にしてほしいですね。

 

 

普通に考えて、寝ている間でも

遊んでいる間でも、

あなたが本業で仕事してくれている間でも

 

売れたらしっかり梱包して

すぐに発送してくれる従業員を

1ヶ月4900円で雇える

 

こんなありがたい話ありえません

 

もちろん小口でもFBAは可能です。

 

そういうことを言いたいのではなく、

 

4900円で従業員を雇える環境を

 

与えてもらっているのだから

 

転売やるならがんばってみようよ。

 

ってことですかね。

 

 

amazon転売において

50点以上転売できないのであれば、

 

 

はっきりゆうて、

無在庫販売や物販アフィリエイト

FXなどをしている方が

稼げますし、安定します。

 

 

もっと極論的には

2時間でもがんばって、バイトして

確実に稼いで、

 

 

あとテレビでもみたり

友達とお酒のんだり

恋人とどっかいったり

 

してるほうが

 

人生たのしい。

 

ってことですかね。

 

 

転売において

FBAという環境は

使わないと損です。

 

 

FBAがあるから

副業でもできてしまう。

 

 

誰でも稼げてしまう環境は

整っています。

 

 

amazon君を是非4900円だして、

雇ってみて下さい。

 

 

FBAがなぜ優位なのかは

たなぴーが音声付きで

あま~い声で説明してくれてます、(笑)

http://sinsei-raimu.info/svct

稼ぐには基礎を叩きこむことが

一番です。

 

値付けの基礎の質問も

来夢にしてきてくれる人

多いのですが、

たなぴーのレポートに任せました~(笑)

 

 

疑問に思ったことは

遅くなってしまって申し訳ない方もいますが、

これからも必ずお返事しますので、

 

 

いつでもどーぞ(・∀・)

ではまた^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ