ビームせどり

みなさんすでにご存知のアイテムなんですが、

KDC200というバーコードリーダーです。

dawq

手のひらサイズのバーコードなんですが、

iPhoneなどで検索ツールと連動させると

ありえないくらいの速さで

バーコードを読み取り、

検索ツールに表示させます。

 

こんな感じで使えます。

検索にビームを使うのと使わないのでは

圧倒的にスピードが違います。

手検索とは次元が違うんですよね。

 

目利きが出来る人はビームなどつかわないなど、

いろいろと意見があると思いますが、

店舗回って、セールなどみつけると、

目利きではどうにもならないこともあります。

 

まだ転売を始めたばかりの方は

目利きなんてものを気にする必要はありません。

 

また目利きを鍛えるという人がいますが、

目利きというのは数をこなせば自然にできるものです。

鍛えるものではありません。

目利きという言葉があるから、

実力がある、ないなどという

どうでもいい話をしたがる方がいますが、

どんだけ目利きがあっても、

ない人でも、

店にある商品が変わるわけではありません。

 

つまり、転売はやるかやらないかだけの問題で、

実力なんてものは行動でカバーできるのです。

 

とはいっても、初心者は目利きができないので、

勝負するところは、検索スピードのみです。

転売で利益がでてからでかまわないので、

初期投資として、KDC200は

もっておいて損はないと思います。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ